Main Page

From Time of the World
Revision as of 07:19, 30 December 2020 by Topgemini10 (talk | contribs)
Jump to: navigation, search

ナイキ 返品, 、耳を傾けられず、無視されるか、あるいは無関係だとかウソだとか言われて軽視されてしまう 世界的な視点からみても、このことかからもさまざまなことが見えてくる 残念なことだが、日本に対して批判的なことなら何であれ、こうしたタイプの反応は普通のことだ ことわざにも言われているように、「No good deed goes unpunished(いいことをすると必ず罰を受ける)」ということなのだ
本当に謎としか言いようがない このことは、日本による「すべての日本人は親切で礼儀正しい」という強烈なプロパガンダによるところが大きいだろう 少なくない日本人(そして外国人も)は、日本のような素晴らしいおもてなしの国に人種差別など存在するわけがないと信じて疑わず、そこに議論の余地はないのである
このCMで起こって欲しいと私が願っている議論がある 議論に参加した場合、ナイキと同じように「口出しすべきではない」「自分たちの専門に集中すべき」と言う人もいるだろう
そして、こうした社会的問題は「専門家に任せろ」と言うのである ナイキのような企業は「孤立」しない しかし、考えてみて欲しい 前回私がYouTubeでこのCMを見たときは、すでにthree万以上のディスライクと、何千もの否定的なコメントが集まっていた つまり、ナイキは痛いところを突いたのだ
企業が企業として、(収益を上げることは別として)何を支持するかを決断し、そのスタンスはどのようなものかを顧客に明確に示すことは重要なことだ 何かを支持している企業は、けっして孤立しないだろう しかし何事も支持しない企業は、何も支持しない人々と同じで、どんなことにも騙されてしまうだろう
このことは、さらにCMと企業アクティビズムが必要なことを示している 多くの人がいじめや人種差別の事例をもっと目にするようになるほど、もっと力のある人々や、政府でさえも問題を認識してその解決に乗り出すのではないか 個人的には、企業の社会的責任を実行する企業は、より幅広い社会問題に関心を持っており、ただ利益への影響に興味があるだけではないと信じている もっと多くの日本企業がこのトレンドに続くのであれば、同じ価値観を持つ顧客を引き付けるだろう これは多くの顧客にアピールできるだけでなく、持続する価値でもある だが、それは仕方がない
つまり、ここで言ういいことはナイキのCMのことで、センセーショナルで挑発的なために、取りくんでいる問題について批判を呼び起こしてしまった ナイキにも問題点はあるが CMは痛みのような印象を残し、その感覚はしばらく続くだろう つまり、ナイキの人権問題に関する記録はまったく無傷、というわけではない 人権問題の認知度を高める広告の出している一方、同じ土俵でナイキは偽善行為の批判を集めているのだ しかし、ナイキはその批判にもかかわらず、これまで多くの社会的善行、あるいは少なくとも社会的善行に見える行為に従事してきた 少なくともアメリカで法律によって定められている企業の社会的責任(CSR)の基準を超えるほどに